KAST Co., Ltd. / Kast Company info


New Home Page of KAST



HOME 会社案内







お知らせ

下記の2点は(株)カストの登録商標です

  • 商標登録 第6530217号「ファイバービーム / FIBER BEAM®」
  • 商標登録 第6530218号「ビームツイスター / BEAMTWISTER®」


  • 【Nakayoku Connect】なかよくコネクト サンリオピューロランド
    「KAST FIBER BEAM」を使った演出をご覧ください



  • INSPIRE ”Onmyoji” Event, Entertainment
    「KAST BEAMTWISTER」を使った演出をご覧ください



  • BEAMTWISTER TOKYO LIGHTS Youtube
    2021年12月9日(木)ついに本日 Faiber Beamを是非ご覧ください


  • TOKYO LIGHTS
    (東京から日本をそして世界を照らす光-希望の祭典) にて
    KAST Beam Twister がご覧いただけます


  • TOKYO LIGHTS blog
    HIGHFLYERSは 演出家 潤間大仁さん と KAST 兒玉大紀のインタビュー「最新技術についてや
    今イベントにかける想い、見どころなどを聞いた」





  • KAST Co., Ltd. Office and Laboratory
    2-1 Ibukio Midori-ku Yokohama-City, Kanagawa-Pref. 226-0028 JAPAN
    Telephone 81-45-985-9481 / Facsimile 81-45-985-9482





    Copyright (C) KAST co.,ltd.


















    a"HOME" a"会社案内"



    会 社 概 要

    20世紀最大の発明、と言われるレーザーは、月の距離の測定から
    CDのピックアップ、あるいは鉄のカッティングから手術用レーザーメス、
    そして現代には欠かすことのできない光通信など、私たちの生活の
    なかに様々な形で利用されてきました。

    強力なエネルギーを秘めた、天然自然には存在しないレーザー光の
    美しさに魅せられて、私たちは表現手段としても利用するように
    なりました。

    株式会社カストは、美しいレーザー光に魅せられた技術者達が集まり、
    より一層の感動をあたえることのできるレーザーディスプレー装置の
    開発を目指す集団です。
    1.会社名 
    株式会社カスト
    2.所在地 
       
    本社 神奈川県横浜市緑区いぶき野2-1
    3.役員氏名
    代表取締役社長 兒玉博之
    4.設立年月日 
     
    平成2年8月3日
    5.事業内容 
      
    A)光学機械器具の開発、設計、製造、販売及び賃貸
    B)レーザ応用機器の開発、設計、製造、販売及び賃貸
    C)イベント演出、コンサート演出の企画及び請け負い
    6.資本金 
     
    10,000,000円
    7.従業員数 
     
    11名
    アクセス
    電車 : 最寄駅 東急田園都市線・JR横浜線 
         「長津田」から徒歩11分
             
            駐車スペース有

    〒226-0028
    神奈川県横浜市緑区いぶき野2-1
    Telephone 045-985-9481
    Email : info@kast.co.jp

    ※ アルバイト・社員 募集中!













    a"HOME" a"会社案内"






    カストファイバービームの安全性について

    カストファイバービームシステムについて
    カストのレーザーディスプレーは、安全性を確保するためにR.G.B 3色のレーザー光を同一の光ファイバーに入射し、 通過した光を面光源に変換して、レンズにより集光し、再度ビームを作っています。
    この加工により、入射したレーザー光は、LEDなどの光と同様の性質を持つ自然光に変わり、より安全なものとなっています。
    しかしながら、とてもパワーの強いビームを実現していますから、至近距離では物を焦がすほどのパワーなので 細心の注意を払い取り扱っています。


    安全光に変わるメカニズム(理論的根拠に基づく仕組み)
    レーザー光は、LEDの光に比べて極めて低い強度で網膜にダメージを与えます。
    LEDの光には、必ず光源の面積(面光源)があります。それに対し、レーザー光は光源に面積がない点光源です。 従って、光源を直視した場合、LEDの光は網膜上に面積を持つ光源の映像として映し出されますが、レーザー光源は面積がないので、 理論的には点像になります。
    ただし、それではレーザー光の網膜上のエネルギー密度は無限大となってしまいますが、物理的に言えば回折限界があり φ0.4〜0.6μm程の面積に集光されますので、無限大ではありません。
    また、LEDの光と比較した理由は、LD(レーザーダイオード)とLEDが発光の原理と単波長という事が同じで、 LEDは、自然光とされているからです。


    カストファイバービームの安全性について(pdf)